吹田勤労者山岳会(吹田労山)
               
8月山行報告


白山(御前峰~大汝峰)

日程 8月3日(木)~5日(土)


テントグループの報告

参加者 4名

 今回の白山山行は以前から楽しみにしていた白馬岳の天気がよくないと判断し登山経験のある白山に変更した。(準備期間

がない、などの意見もありましたが・・・・)

今回はテント組と小屋泊まりとの合同山行(コースは同じ)

8/3(木)晴れ 別当出会~砂防新道~甚之助避難小屋~南竜ヶ馬場テント場

  JR金沢から別当出会までの直通の登山バスがなく路線バスを乗り継ぐ。つり橋を渡り砂防新道に入り直登が続く。中飯

 場から望む不動滝が美しい。甚之助小屋を少し過ぎたあたりから高低差があまりない道を(此のあたりからお花畑が…)

 20~30分ほどで南竜のテント場着く。(体調が思わしくなく時間がかかる。)

 *別当出会 12:30  南竜テント場 16:30

8/4(金)晴れ  南竜テント場~エコライン~室堂~御前峰~お池めぐり~大汝峰~室堂~展望歩道~南竜テント場

  今日は室堂を拠点に周遊コースのためサブバッグで出発。エコラインに入りお花畑が広がり我々を迎えてくれる。なかな

 か足が進まない。室堂ビジターセンタから頂上をめざす。週末で登山者が多い。お池めぐりでは今でも残雪があり雪の多さ

 を感じた。

 大汝峰から室堂の帰りにはクロユリの群生があり一同大感激。

 *南竜ビジターセンター 7:00発 南竜ビジターセンター 15:00着

8/5(土)晴れ  南竜ビジターセンター~南竜道分岐~黒ボコ岩~観光新道~別当出会 (エスケープルート)

  最終日、初日のことがあり本来、別山~チブリ尾根~別当出会へ下山する予定でしたが大事をとりコース変更。南竜道分

 岐から黒ボコ岩へは何か所か小さな沢があり途中に湧き水があり喉を潤す。白山の水の豊かさを感じた。観光新道に入りこ

 こからも多くの花に囲まれるように歩を進める。花の名人に教えてもらうもなかなか覚えられず。花だけじゃなく稜線から

 見る別山方面の山々も美しい。下山道も厳しいところもありましたが花の話が弾み別当出会までは短く感じられた。ゴール

 では一人ひとり無事を祝いハイタッチ。今回はテント、小屋泊まり総勢9名の山行でいくつか心配がありましたが皆さんの

 協力があり全員無事下山。

 * 南竜ビジターセンター 6:30   別当出会 12:00

  時期が一番良かったのか花爛漫。白山は花の宝庫と言われる所以がよくわかりました。白峰温泉、金沢では新鮮な魚、地

 元のお酒をいただき皆さん満足。いい顔をしていました。皆さん有難うございました。


山小屋グループの報告

コース:白山テント山行(筒井)に同行

宿泊:南竜山荘 連泊

  南竜山荘は清潔な洗面所、トイレで快適。

 2日目は宿泊者が少なかった為、私達5人だけでゆっくりと12人部屋を占領。嬉しかったこと!

  今思うと、死ぬ前にきっと目に浮かんでくる光景に出逢ってしまった感じがする。なんともすばらし~いお花畑!まさに

 絶景だった!! ピンク、白、黄色の花達、移動するとオレンジと白、先に行くと薄紫、水色、ピンク等次から次へと違う

 組み合わせの花達の顔が並ぶ。もう、もう「わぁ~ッ」の感嘆の声のあげ続け...

  特に白山なだけにハクサンフウロウ、ハクサンコザクラ、ハクサンシャジン、ハクサンシャクナゲ等多くあった。又、ミ

 ヤマダイモンジソウ、カライトソウ、マツムシソウ、センジュガンピ、アオノツガザクラ等の群生も珍しかった。クロユリ

 は濃い紫色と思っていたが、花びらの先が薄い茶色のものも発見。贅沢にも見飽きる程の出逢い。

  お花の大先生も同行だったので途中、名前を確認しながら写真を撮る者、名前を憶える為、認知症テストをしながら歩く

 者、長い登山道も楽しみいっぱいで短く感じられたよう。

  最後、金沢では、美味しいお寿司と地酒「手取川」を添えて「かんぱ~い!!」

  盛り上がりは、帰りのサンダーバードの車中まで続き「お静かに!」車掌さんにご注意を受ける始末。我、労山に傷をつ

 けてはいけません。お許しを...

  楽しい楽しい、満足度200%の代替山行と相成りました。

  急遽、諸々の手続きをしてくださった方々、どうもありがとうございました。


inserted by FC2 system