吹田勤労者山岳会(吹田労山)
               
7月山行報告


            八ヶ岳

日程 7月21日(金)~23日(日)

参加者 5名

コース 行者小屋~硫黄岳~赤岳~阿弥陀岳~行者小屋

1日目 新大阪6:27発 茅野10:37着。タクシーで美濃戸口まで。

  南沢を歩き行者小屋でテント2張。

  今晩はステーキカレー。リッチだ。

2日目 5:45発。赤岳鉱泉から硫黄岳到着。広い山頂、爆裂火口、

  7つのケルン、保護され満開のコマクサを見ながらゆったり稜線歩き。雲海の向こうには鳳凰や北岳も見えた。

  横岳からはクサリ、ハシゴの連続で急斜面をひたすら登り赤岳到着12:15。きつかった。

  下りは階段連続の文三郎尾根行者小屋到着13:45。

3日目 阿弥陀岳ピストン。岩山をロープ、クサリ、ハシゴを使う

  きつい坂。頑張った後には遠く向こうに富士山が。日本人はやはり『わぁ!』と歓声をあげる。

  帰りも南沢。疲れもありかなり長かった。美濃戸口からタクシーで望岳の湯へ。茅野から帰路につく。

今回のヒヤリハット

  ①岩場での手元の浮石。一瞬の重心の誤り。

  ②視野を広くして進む道を見極める。

目指せジャンダルム、今回はそのトレーニングになった。


inserted by FC2 system