吹田勤労者山岳会(吹田労山)
               
5月山行報告



            槍ヶ岳

日 付 5/20~24

参加者  5名

コース

 5/20(土)吹田5:00➝10:30湯平10:50➝11:30上高地11:50➝14:48横尾➝17:07槍沢ロッジ

 5/21(日)槍沢ロッジ6:18➝8:16大曲➝14:18槍ヶ岳山荘➝山頂を往復15:00~17:00

 5/22(月)槍ヶ岳山荘6:58➝10:01槍沢ロッジ10:44➝12:18横尾13:02➝14:08徳沢➝15:06明神15:42➝16:20上高地   

     16:30➝17:10湯平

 5/22(火)湯平8:50➝15:00吹田

1日目、上高地でゆっくりしたいMさんを含め5名、車で上高地に向かう。平湯あかんだな駐車場でバスに乗換え上高地へ。春

 を迎え上高地は大勢の観光客で賑わっている。梓川沿いに歩きながら眺める雪山の雄姿、道沿いに咲く無数の花々、とりわ

けニリンソウの群生がきれいだ。横尾山荘前で前日から来ていた労山先輩Yさんと会う。ほぼコースタイムで槍沢ロッジに到

着。定員20名の部屋に我々5人で泊まる。

2日目、Mさんと別れ、4人で槍ヶ岳へ向けて出発。ババ平でアイゼンを装着。大曲を過ぎ、陽射しも傾斜もきつい急斜面を直

登する。 8時間もかけてやっと槍ヶ岳山荘に到着。小休憩の後、3人で岩陰などの残雪や氷を避けながら慎重に槍の穂先へ登

頂、北アルプスの大展望を楽しむ。下山の折、ロープワークを試みる。

3日目、アイゼンを装着、ピッケルを手に昨日登って来た急斜面を尻スキー?を楽しみながら下山。左右の尾根から流れ落ち

た無数の雪崩の跡、雪解け水で現れた滝、雪原のクラックなどを眺めながら歩く。気温も高く雪質は柔らかい。横尾を過ぎる

頃雨が降り始め、その後断続的に激しい雷雨に見舞われる。上高地に入りやっと雨は上がった。

4日目、前日、 下山が遅くなったので帰阪をあきらめ、「ひらゆの森」のコテージで一泊。ゆっくりと吹田へ帰ってきまし

た。


別の写真

また別の写真

inserted by FC2 system