吹田勤労者山岳会(吹田労山)
               
5月山行報告




         大峰・弥山~釈迦岳縦走

日付 5月2日~4日(火~木)

参加者 4名

コース:

  5/2(火)   大阪~天川川合発10:00~栃尾辻13:17 ~狼平着15:45

  5/3(水)   狼平発6:00~弥山7:00~八経ヶ岳8:00~仏生ヶ岳~釈迦岳14:50~深山宿着15:45

  5/4(木)   深山宿発6:40~太古の辻7:30~小仲防10:07~前鬼口着14:35~大和上市着17:19~大阪

 近畿最高峰の八経ヶ岳(1915m)を含む弥山~釈迦岳縦走。縦走路は標高1600~1900mでアップダウンが続いて、なかなか

歩きごたえがある。特に釈迦岳に近づくと行場が何か所もあって、スリルもあり気の抜けない上り下りが続く。それもまた楽

しいものです。

 今回の山行では、狼平にも深山宿にも避難小屋がありましたが、両方ともテントを使いました。やはりテントは楽しいです

ね。ただ、深山宿の水場はチョロチョロとしか出ない岩場のわき水です。釈迦岳手前の「鳥の水場」で補給しておくほうがい

いようです。

 深山宿から前鬼の行程は、長い3時間程度の林道歩きがありますが、しかし小仲坊の落ち着いた雰囲気の宿坊兼キャンプ場

や、全体の落差が100mをゆうに超す「不動七重の滝」は見事です。しんどい林道歩きも吹き飛びます。水量も豊富で滝近く

まで行けるコースもあるそうです。

 ただ今回の山行で残念だったのは、縦走中吹き上げてくるガスで常に覆われているような状態でほとんど展望がききません

でした。雨は降らなかったけど時折ガスが晴れる程度でした。それと、縦走路での花や新緑の美しさを期待していたのですが

、時期が早すぎたようです。これも残念です。

 ともあれ、この続き大峰奥駈道に行く気になってきました。


クリックすると大きな画像になります。

inserted by FC2 system