吹田勤労者山岳会(吹田労山)
             
1月山行報告

          
          高 見 山

月日:1月31日(土)

天候:太陽が顔を出したり吹雪いたり 目まぐるしく変化する一日

山名:高見山 (台高山脈の北端)

コース:阪急・山田駅7:00→たかすみ温泉駐車場9:00→平野コース(約8km)・登山口474m9:20→高見杉・避難小屋735m10:10→

杉谷・平野分岐1020m11:00→
高角神社・高見山1248m11:50~12:20→杉谷・平野分岐→高見杉→たかすみ温泉14:00→

レストラン→阪急山田駅17:00

参加者:12名

 奈良県と三重県の境にあり、その尖った山頂と美しい稜線から関西のマッターホルンと呼ばれ樹氷で人気の高見山を登りま

した。冬季は榛原駅から直通バス・霧氷号が運行されています。

 たかすみ温泉から平野川に架かる赤い丹ノ浦橋を渡って、平野コース登山口から、ヒノキ・杉の人工林の中、道の両側が

薄っすらと白くなっている単調な丸太階段を登る。約50分で着いた避難小屋は氷点下3℃ここで小休憩。横には、鳥居と樹齢

700年の高見杉という巨木がそびえる。

 バスでくる登山者が登る杉谷コースと合流する分岐からは、すれ違う人が多くなる。尾根道を行くとアセビ、ブナ林に変わ

り樹氷・霧氷の花が満開に。雪が樹木に付くでっかい“エビの尻尾“がどんどん伸びていく。横風はどんどん強くなり体が

持って行かれそうに、瞬間風速は20m近くにも、鼻水が出てきて慌ててネックフォーマーを引き上げる。ダブル手袋でも指先

が痛いほどの寒さ。乳岩、国見岩、息子岩、揺岩、笛吹岩などの名前が次々に現れる。

 高見山山頂のコンクリートの避難小屋は、中に入る順番待ちの人が並ぶ程の大混雑。すぐ先の高角神社(神武天皇の神話に

登場する“八咫烏“が祭られる)からは360度の展望のはずが、生憎本日は数十m先が真っ白。なお小屋の気温は氷点下5℃。

念のため、ここでアイゼンを付けて元きた道を慎重に下る。

 入浴に待ち時間がある温泉はあきらめ、帰路のレストランで“伊賀牛のすじ肉入り黒醤油ラーメン“で温まって、何時の

山行よりも早い帰宅時間に。




           蛇谷が峰

月日:1月31日(土)

参加者 : 6名                             

コース:朽木温泉(10:00)→P552(10:40)→800m分岐(11:30)→蛇谷が峰(12:15)→分岐(12:45)

       →いきものふれあいの里(13:40)→朽木温泉(14:00)

 はじめて足を踏み入れる蛇谷が峰でしたが、予定していた畑からのコースを朽木温泉からのコースに変更しました。一級の

冬型寒波が来るため、登りきれないと思ったからです。

 朽木温泉登り口付近の積雪は、数センチでしたが、樹林帯の中を登るにつれて木の階段になったルートもすっかり雪におお

われてきて、楽しい雪山の景色になってきました。
P552付近からは、ブナやその他の木々に見事な樹氷もつき、青空の中こ

ころも晴れる絶景に皆大満足で自然と歓声もでてきます。
800mの分岐で昼食。吹き始めて来た風も窪地でクリアーして少し

ゆっくりできました。

 昼食後、しんどいけど快適な尾根をもうひと登りしてすぐに蛇谷が峰のピークに到着。比良北陵の最北に位置する蛇谷が峰

からの見晴しは「すばらしい!」の一言です。
リトル比良から琵琶湖、高島トレイルの山々と、晴れ間のひと時に見事な景色

を見ることができました。

  急にガス・風が強まり急ぎ下山に向かう。800m付近の分岐を「いきものふれあいの里」コースをとり朽木温泉を目指して

下山した。最後にゆっくり温泉につかり大阪へ。




        水尾の里・地鶏鍋山行

月日:1月25日(日)

参加者:21名                             

天候:晴れ

コース:JR高槻駅8:1分新快速→保津峡駅→水尾の里9:30→作業用林道→第1ベンチ→第2ベンチ→第3ベンチを経て社務

    所横に出る。頂上11:00→水尾の里12:00→下山後地鶏鍋で新年会を楽しみました。

 第一ベンチまでは殆ど雪は無く順調に歩を進める。しかし登るに従って雪と氷で歩き辛い。アイゼンを装着する。嘘の様に

歩きやすい装備の有難さが身に染みる。
山頂まで皆で登り、下山は各自で下り早い者から六兵衛で風呂&鍋を楽しみました。



           武奈ヶ岳

月日:2015年1月24日(土)

天候:風がなく穏やかな天気、太陽が顔を出したり隠れたり

山名:比良山系・武奈ヶ岳

コース:JR高槻8:01~JR堅田8:45~タクシー・坊村290m・明王院9:30~御殿山1097m11:55~12:20昼食~ワサビ峠~武奈ヶ岳

    1214m13:10~コヤマノ岳13:55~金糞峠877m15:00~青ガレ~大山口334m15:50~イン谷口253m16:00~(比良トピア)~

    JR比良駅85m~吹田駅

参加者:10名

 風がなく冬山日和の一日、比良山系の最高峰の武奈ヶ岳に登った。明王院を抜けると、御殿山コースの案内がある本日の長

い~登りが始まる登山口に。前日の雨のため足元が悪いが、700mになると徐々に積雪も増えてくるが、トレースがハッキリし

ており歩き易い登山道を、びわ湖バレイがある打見山を横目に登る。御殿山が近づいてくると、美しい樹氷があちこちで見ら

れる。皆子山などの京都の山々、比良岳、蓬莱山、正面に武奈ヶ岳への尾根が一望できる御殿山の頂上は積雪1m30cm。ここで

昼食の一時。
 
 少し下ったワサビ峠の先に続く展望が良い西南峰には、風の吹き溜まりに出来る大きい“雪庇“が。そこそこの広さの武奈

ヶ岳頂上からは、遠くには伊吹山、鈴鹿山系、山の間から琵琶湖など360°の展望を楽しめる。ブナ林が続くコヤマノ岳で

は、青空をバックに真っ白の樹氷のコントラストが見事。積雪はさらに深くなり、ワカンで雪遊びを楽しみながら歩く。つい

つい景色に見とれていてバランスを崩してスッテンコロリの人も。

 金糞峠から、夏場は大岩がゴロゴロある急斜面の青ガレを見下ろすと、正面に琵琶湖が見える。ここでアイゼンを装着。く

さった雪がアイゼンに付き、滑り易いので約30分緊張しながら降りる。

 イン谷口にある吹田労山の山小屋で一服して、比良トピアで入浴・名物“アユ蕎麦“の6人と比良駅に直行の4人に別れ

た。皆さんの足並みが揃っており、ほぼ予定の時間に下山出来ました。




          雲 山 峰

月日:1月18日(日)

天候:快晴

山名:紀泉アルプス 雲山峰

コース:JR吹田駅7:47発→山中渓駅9:24→駅周辺散策→登山口10:00→第一パノラマ台10:35→昼食12:1 0~12:30→鳥取池分

    岐→雲山峰12:50→青少年の森・展望広場、六角堂13:10~
13:40→紀伊駅・六十谷駅分岐→鉄塔→大橋橋北詰15:15→

    JR六十谷駅(むそた)15:40

参加者:市民35名 会員23名 合計58名

 前日の荒れた天気が嘘のように、風がなく太陽が顔を出す穏やかな一日、58名の大人数で紀泉アルプスの主峰・雲山峰

(490m)を市民ハイクで登りました。

 梅と桜の名所の山中渓駅を通る紀州街道の石畳の道と本陣跡、元庄屋宅などを約20分散策。登山口から雑木林の狭い山道を

ずっと登るとベンチがある銀の峰第一パノラマ台の広場に。目の前に泉州沖
に浮かぶ関西国際空港から飛び立つ飛行機・連絡

橋・りんくうタウンが、淡路島・六甲方面は霞んで
ボンヤリと・・・。ゆっくり休んで樹林の間から展望が見え隠れする尾根

を進み、人数の割には少し
狭い場所で昼食に。ここから“ぜんざい係”のスタッフ7名は準備のため大急ぎで先行する。

 小さなアップダウンを繰り返して、木陰に前日の名残の白いものが見られる急登の最後のひと登りで、それ程広くない雲山

峰の頂上に。青少年の森広場は、キラキラ輝く壮大な紀ノ川・紀淡海峡・和歌山
市街が一望できる本日一番の展望ポイント。

六角堂で、ガスコンロに大鍋・小鍋をのせて“ぜんざい”
のサービス開始。お代りが相次ぎ、粒あんこ5kg、しゃぶ餅130枚を

完食。ヤッタ~!

 下りに予定していた紀伊駅方面は、高速道路の工事のため通行止め(12月26日の直前下見では通行出来たが・・)のため、急

遽1駅先の六十谷駅方面に変更。歩行距離は3km増えたが、アップダウン
の少ない膝に優しい自然林の中を大関橋まで下り、

ここで記念撮影。住宅街を流れる千手川に沿って
歩き、予定時間に六十谷駅に到着。 ご参加の皆さんお疲れ様でした!



         ポンポン山東尾根

日付:1月16日(金)                      

参加者:9名

 予定の15日は全国的雨天☂のため、一日延期する。

 出灰バス停の気温は1℃ ! メンバーの心はホットホットで会話も賑やかに40分程度で大原野登山口着。話の都合で、

森の交流館~東尾根~釈迦岳~京青の森コースに変更。
東尾根コースは、最初は急登だが登り切ると展望も良く、適度なアッ

プダウンでお薦め。
コース上は所々に残雪が見られるものの尾根歩きにしては寒さも無く、所々で現在地確認したり、コンパ

スを合わせたり・・・・・急がず止まらず歩いて釈迦岳鉄塔まで(ここで昼食)

 満腹感のためか? 脳の働きが鈍り何故か変な道に・・・・引き返し後はルンルン気分。京青の森~キャンプ場までは謎の

ルート確認に、コースリーダー田村さん。
 往年、立石橋に向かう途中『寝たる姿や東山』の展望が出来るベンチの有った休

憩場所(今は木立で見えなくなっている)が謎の場所とシッカリ確認し、足元軽くキャンプ場へ。
キャンプ場までは小塩方面の

展望も良く、京大の協力で名前の書かれた名札が木々にぶら下げられていて森の管理が行き届いている上、楽しみながら歩け

る良いコース。

 キャンプ場には、トイレも水道もあり数年前『ぜんざい山行』をした事を想い出し、ここで今日一番長い休憩。持っている

オヤツを出し合ってのんびりとコーヒータイム。
お腹もふくれ、四方山話に花を咲かせながらフラフラとバス停まで。

 のんびり歩いた割には7時間歩行で27883歩。 年初歩行にしては、よ~く歩きました。





           武奈ヶ岳

日付:1月10日(土)~11日(日)

天気  10日:曇り一時小雨
     11日;晴れ

参加者:13名

 比良イン谷の山小屋を利用して武奈ヶ岳に登った。

 14:22比良駅に到着。分銅さんの車で小屋へ。小屋の辺りは約30㎝の積雪。4時ごろから早くも宴会が始まる。酒と

コーヒーを一緒に頂く感じだ。
夕食はそば鍋。最近は色んな鍋つゆが販売されているが、そば鍋なんて初めてだ。蕎麦と野菜

や肉などの具をそばつゆで煮込む、要は具沢山のそばであるがおいしかった。

1名は小屋近くの雪上で体験テント泊。この日は気温が高く(約0度)、風も弱かったので快適であった。

 翌朝は6時15分に出発。まだあたりは暗い。分岐までの平道は良く踏まれているが滑り易い。アイゼンを装着する。青ガ

レとの分岐でダケ道ルートを進む。この辺りで夜が明け琵琶湖方面の展望が開ける。ここから本格的な雪道となる。今日の一

番手のようで、フカフカの新雪の上を行く。気持ちが良いが雪が不安定で歩きにくい。

 10時北比良峠に到着。強い風のためか峠の積雪は少ない。この日は風も弱く日も射していたので気持ちのいい峠だ。武奈

ヶ岳が顔のぞかせるがまだまだ遠い。
 朝食が早かったので峠の先のくぼ地で早めの昼食。足の調子の悪い人がいたので5名はここから下

山した。途中多くのパーティーが登って来るので、朝不安定だった登山路はすっかり立派な雪道となり快適に下山した。

 北比良峠で軽い食事を済ませ、分銅さんと12:30リミットを約束して武奈ヶ岳を目指す。八雲が原の数張りテントを横目に

旧スキー場を見上げると、スキー場を二分するようにしっかりとした踏み跡がある。 青空に向かって真っすぐの踏み跡を色

とりどりのウエアーの登山者が歩く姿はまさしく絵に成りこれぞ雪山 !! と言う感じで美しい。

見上げれば気持ちが萎えてしまいそうな急登だが、雪山でこんな好条件は滅多にないと、紺碧の空(群青色かな)と周りの景色

に元気をもらい2本のゲレンデを登り切る。


 俯瞰すれば琵琶湖・釈迦岳・対岸の山々まで・・・眼前には言葉に出来ないほどの見事な霧氷。ヒャー綺麗 !見て見て ! 

うわぁ~ !など自然の成せる造形の美しさ、見事さの前に立つと人は言葉を失い唯見つめるのみになり屈してしまうのは私だ

けかも知れないが。
あの光景を下山組の皆さんにも是非見て欲しかった!! と今も思う。

 2時間近く休みなく歩き続けてコヤマノ岳分岐が12:13分。トップを行く伏野さんは迷わず山頂を目指して右に。ヨカ

ッタ。ここまで来て帰りたくない気持ちは同じだったのでしょう。
稜線直下に差し掛かると、時折足がよろけそうになるほど

の強風続きだが我慢・我慢で歩き、武奈ヶ岳山頂は約束通り丁度12:30着。 記念写真を撮り早々に下山。

 下山はコヤマノ岳~金糞峠~イン谷口までトップは藤井さん。コヤマノ岳周辺のブナ純林も紺碧の空にそそり立つ樹氷・霧

氷も見事だったが、次の機会にと足早に下山する。 金糞峠からの急勾配をおっかなびっくりで下り15:40分に小屋着。

 ★朝6:15から歩き始め雪道歩行を9時間少々歩いたが、それなりの達成感と山頂近くでの感動する光景は忘れ難く、想い出  深い一日となった。

  仲間あっての雪山 ! よき仲間に感謝です。 


           愛宕山

月日:1月4日(日)

天候:晴れ 午後青空の快晴

山名:愛宕山~地蔵山

コース:JR吹田駅7:30~保津峡駅8:53― 9:05~つつじ尾根9:10~荒神峠10:20~参道11:20

        水尾分岐~黒門~愛宕神社924m12:00― 12:30~反射板~地蔵山948m14:00~芦見峠

15:15~越畑バス停16:00―16:40~(タクシー)~JR八木駅17:15―17:25~吹田駅18:50

参加者:12名

 昨晩は京都市内でも61年振りの積雪22cmに。今朝は風もなく穏やかな一日。保津峡駅辺りでもあちこちに雪が見られる。荒

神峠の手前から側道は20~30cmの積雪、ここでアイゼンを装着して急斜面を登る。おせちで少々メタボになった体には結構こ

たえる。積雪が高くなった参道に出るとお参りで行きかう人とすれ違う。黒門をくぐると直ぐ愛宕神社。数ヶ所ある休憩所は

待ち時間が出る程のすごい人出。こんなの初めて!
 表参道ルートを登ってきたハイク部の2名、首無地蔵ルートの軽登部4

名ともここで新年の御挨拶。

 愛宕を過ぎると、まるで満開の桜のような雪化粧した木々が青空に映える。積雪も40~50cmに、頭の上からは梢に積もった

雪のシャワー、時々ドサーと雪の塊も、首筋に入るとヒャー冷た~い。側道から垂れる木を腰を屈めて潜り抜けていると、結

構疲れる~。

 地蔵山を過ぎると足跡も一人だけ、崩れた林道もあり、ルートを探しながら、さらさらした新雪歩きを楽しみながら下る。

芦見峠でアイゼンを外し越畑に。
バスは元々本数が少ないが、雪の状況によっては越畑までが来ないこともあるので要注意。

生憎傍の
喫茶店も未だ営業しておらず、寒空の下停留所で待つこと40分、やっとタクシーで八木駅まで。


 

inserted by FC2 system