吹田勤労者山岳会(吹田労山)

             8月山行報告

                    八ヶ岳縦走(夏山登山教室)  

月日:8月22日(金)~ 8月25日(月)

天候:8/22晴れ・夜半雨、8/23曇り・昼前薄日、8/24曇り・夕方から雨、8/25朝雨・茅野辺りから曇り時々晴れ 

山名:八ヶ岳

コース:

 8/22:南千里・バス7:30発→(諏訪南IC)→美濃戸口(1490m)13:20→美濃戸山荘1760m14:10→堰堤広場15:20→

     赤岳鉱泉(2220m)16:30

  8/23:赤岳鉱泉7:50→美濃戸口・タクシー10:50→渋の湯温泉11:20→黒百合ヒュツテ(2400m)14:30   黒百合ヒュツテ→

     天狗の鼻15:00→中山峠→黒百合ヒュッテ

  8/24:黒百合ヒュッテ6:20→天狗の鼻→東天狗岩(2640m)8:05→中山峠9:10→黒百合ヒュッテ9:20~10:20→中山峠→

     ニュウ11:50~12:10→白駒荘(2115m)13:50

  8/25:白駒荘9:00→白駒の池登山口→麦草駐車場9:30→玉宮温泉(望岳の湯)10:10~12:00→(諏訪IC)→吹田・南千里17:40着

参加者;一般13名、スタッフ10名

 

8/22 : 南千里をバスにゆったり座って予定通り出発。天候が危惧されていたが、朝から晴天。美濃戸口高原の別荘地を抜け

    美濃戸口に。美濃戸山荘は北沢・南沢の分岐点にある南八ヶ岳の登山口。今回の北沢ルートは、木道が多く整備されて歩き

    易く、沢の流れを楽しみながら登る。赤岳鉱泉の後ろに赤岳2899mが顔をだしている。

    夕食は分厚く、柔らかいステーキ、調子に乗って食べ過ぎたのか夜中にお腹にもたれた。 夜半から音をたてての雨になった。

8/23:  朝雨は上がっていたが、どんよりして山はガス。本日の予定は、険しい岩稜の赤岳~横岳~硫黄岳山荘。雨の岩場・強い

風の中の稜線歩きの危険性を考慮して急遽コースを変更。土曜日を待ちかねた登山者達とすれ違いながらの下山時、雲の間

から薄日が差してきた。美濃戸口からタクシーで渋の湯温泉まで。

 登山口からミヤマオダギリ・円筒形で垂れ下がった赤紫色のヤマホタルブクロ・トリカブト等の花を愛でながら、シラビソの

森の中、黒百合平に建つ、屋根にソーラ発電用パネルの黒百合ヒュッテに到着。空荷で岩場の天狗の鼻までトレーニング。

8/24: 朝からガスで霞んでいた。北八ヶ岳で唯一アルペンムードの天狗岳は東西の二峰からなり、東天狗岩の頭の岩塔を天狗の鼻に

見立てた山名。キキョウ・ツリガネニンジン(別名ツリガネソウ) 八ヶ岳の花の多くの終わりを告げるトウヤクリンドウを見つけなが

ら、登った東天狗岩の頂上は生憎360°ガスの大海原。

 樹林帯が途切れた端っこの小さい岩突起のニュウ(山名は刈り取った稲を積み上げた稲藁、と乳の2説)からは、晴れていれば

富士山を展望出来たはず・・・・。北八ヶ岳特有の浸食と風化が進み、原生林が生い茂り、青々と苔むした幻想的な登山道を下り

白駒荘に。大正創業の白駒荘の夕食は珍しい山菜の天ぷら。懇親会では、ご主人差し入れの長野県を代表する“真澄”に自家製

のキュウリ・トマトで大いに盛り上がった。

8/25: 昨晩からの雨が降り続いている中、雨具を付けた女性10人は白駒池の散策。男性陣は布団の中からお見送り。紅葉の名所の

    白駒池は、標高2100m以上では日本最大の天然湖、11月~5月初旬まで氷結しスケートが楽しめる。山荘から木道を白駒池入口

    駐車場に、バスで茅野市に下るころ雨が上がってきた。

 田んぼの真中にある茅野市公営温泉の望岳の湯は、地元の社交場して朝から賑わい、浴場からは、晴れていれば八ヶ岳・南ア

    ルプスが眺望できる。

 

 

 

 


                 八ヶ岳縦走

日付:8/12(火)~14(木)

参加者:2名


12日 美濃戸口(6:30)・・・行者小屋テント場(11:30)

 前夜から仮眠し、朝起きると本格的な雨になっていた。南沢コースを行者小屋へ向かう。雨のため増水していていやらしい渡渉が何度

も続く。緊張するし、雨でボトボトになるしタフな雨中での行動になった。テント場到着後、小屋側の事情と小雨になるのを待ってからテン

ト設営し落ち着く


13日 テント場(6:15)・・・赤岳鉱泉・・・硫黄岳(8:50) ・・・横岳(10:15) ・・・赤岳(12:30) ・・・テント場(14:35)

 午前中は良い天気になるらしく、4時すぎ起床。6時出発でがんばる。しんどい登りをひとしきりがんばると、八ッ岳の稜線に出る。そこか

らはすばらしい展望が待っていた。北アルプス・南アルプス・富士山と大パノラマを満きつできる。また硫黄岳―横岳の稜線上には保護

されているけど大規模なコマクサの群落が見られる。これだけの規模のものははじめてみる。また稜線上には岩峰の連続で巻いたり、

よじのぼったりでスリルいっぱい。展望と高山植物とスリルで変化に富んだ楽しいコースだった。


14日 テント場(5:00) ・・・阿弥陀岳(6:40) ・・・テント場(8:00) ・・・撤収(10:15) ・・・北沢コース・・・美濃戸口(13:45)

 朝から雨が予想される中、3時起床。5時出発で動きだす。急登を阿弥陀に登るがピークは深いガスの中で到着後雨が降りはじめる。

早々に下山 撤収へいそぐ。今回の山行は、雨に悩まされながらも、13日を中心に予定していた計画を全て終え思い残すことのない

山行でした。

inserted by FC2 system